丸央産業株式会社

ODM事業

ODM

丸央産業のODM

1980年(昭和55年)創業以来医療器メーカーでの経験を生かし、一般家庭で使用される医療用機器や健康機器、そしてエステティックサロンで使用される各種の美容用機器や販売されるホーム用機器の開発及び販売を行っています。
特に「エステティックサロンの全国へのチェーン店舗展開」においては、そのはしりとなる1983年(昭和58年)、金沢市に本部を置くP・ユニーグループが3年足らずの内に全国に365サロンをオープンさせるに当り、そのサロンで使用される機器やホーム用として販売される機器の開発と供給(ODM化)を行い、同時に2000名以上になる「オープンスタッフ」に、安全でより「効果的な使用方法」や「なぜ効果が出るのか」などの理論解説などの教育学習を行いました。
この供給(ODM化)と教育学習のセットのシステムは、その後に展開された大手のチェーン店サロンでも採用され、そこで開発された機器は「光脱毛器」「高周波機器(後のラジオ波含む)」「超音波機器」「全身ヒーティングマット」「キャビテーション機器」「超短波機器」などがあります。 いずれもサロンのみならず、その効果はお客様に貢献できたものと思っています。

FLOWOEM事業のながれ

    • お問い合わせ
    • 各種の機器はもとより、その美容効果や導入によるメリット、デメリットなど何でもお問い合わせください。約40年間の実績に基づいてお役に立つ対応を行います。

    • お打ち合わせ・ご提案
    • 新規オープンあるいはサロン運営の状況や内容をお聞かせ頂ければ、それぞれに合った内容でご提案させて頂きます。 ちなみに1993年(平成5年)に「インド式エステ」とマスコミで大評判になった「植物オイルを用いた全身の為のトリートメント」は売上げが低迷していたサロンのスタッフからの相談から提案させて頂いたものです。

    • サンプル作成
    • 出来上がったサンプルはお客様と一緒にチェックし、ご要望があればここで変更可能です。

    • 本生産
    • 生産前から生産完了まで一貫して品質管理・納期管理を行います。

    • 検品
    • 本生産完了後弊社スタッフ管理のもと、提携工場にて検品と仕上げを行います。

    • アフターフォロー
    • 提携工場にてメンテナンスを行います。

ODMに関するお問い合わせ

 

©MARUOU All Rights Reserved.